【悲報】HMBはただ飲むだけでは意味がない【筋トレしてこそ】

【悲報】HMBはただ飲むだけでは意味がない【筋トレしてこそ】

[chat face=”haraheri1-1.png” name=”ナヤミさん” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]『HMB飲むとバキバキになれる』みたいな広告あるけどあれって本当なの?[/chat]

このような疑問に答えます。

結論

  • HMBは飲むだけでは筋肉は増えない
  • HMB+筋トレをしてこそ筋肉は増える
  • HMBの効力は短い

HMBを飲むだけで身体がバキバキに!?という広告は、ぶっちゃけありえません。

順に説明していきます。

思わず目に止まってしまう魔法のサプリメントに見えますが、この記事を読むことでありえない理由がわかるので、もう気にすることがなくなりますね。

HMBは飲むだけでは筋肉は増えない

HMBは飲むだけでは筋肉は増えない

HMBは飲むだけでは筋肉は増えません。

HMBにより細胞の成長を主に調節する『mTOR』というシグナル伝達経路は活性化されますが、それだけではタンパク質の合成が行われないからです。

タンパク質を合成するには『DNA』からの『タンパク質を合成せよ』という指令が必要になります。

この指令をDNAに伝えるには、やはり筋トレなどのトレーニングが必要になるのです。

HMBの効果はDNAからの指令を受けるmTORを活性化させる、つまりDNAからの情報を素早くタンパク質を合成するところまで伝えるところにあります。

なのでHMBを飲んでバキバキになれるというのは考えにくいのです。

『mTOR』って何もの?

mammalian Target Of Rapamycin』の頭文字を取ったものです。

『mammalian』は哺乳類。

『Rapamycin』は抗生物質の1種。

もともと抗生物質の標的として発見されたためにこのような名前がついています。

インスリンが『mTOR』を活性

食事をするとブドウ糖が血管に流れ込み血糖値が上がります。

そして血糖値を下げるために『インスリン』が分泌されますが、このインスリンによって『mTOR』が活性化させます。

簡単に説明すると

インスリン分泌 → 細胞膜表面のインスリンレセプターに結合 → 『IRSs』というタンパク質が『チロシンリン酸化』 → PI3キナーゼ(PI3K)活性化 → akt(プロテインキナーゼB)活性化 → mTOR活性化

簡単になってませんが、インスリンが分泌されることでmTORが活性化されると思ってオッケーです。

HMB+筋トレしてこそ筋肉は増える

HMB+筋トレしてこそ筋肉は増える

HMB+筋トレしてこそ筋肉は増えます。

HMB → mTORシグナル伝達経路活性化

筋トレ → DNAに『タンパク質を合成せよ』という指令が伝わる

DNAからの指令を受けた活性化したmTORが、タンパク質合成酵素に働きタンパク質が増えるという訳です。

HMBはロイシンと似た効果

HMBはロイシンと似た効果を持ちます。

HMBがロイシンの誘導体であり、ロイシンが肝臓で代謝されて生成されることからも関係してるかもしれません。

ロイシンの効果として

  • mTORシグナル伝達経路活性化
  • インスリン分泌を刺激
  • ミオスタチンを減らす

などが挙げられます。

HMBとロイシンはどっちがより効果的?

HMBとロイシンはどっちが効果的か?悩むところだと思います。

ロイシンから生成されるHMBは、ロイシンの約5%とかなり少ないので特別な効果がありそうですが、今のところよくわかっていません。

HMBとロイシンは別物と考えて、コストや自分との相性を見極めて決めることがよさそうです。

HMBの効力は短い

HMBの効力は短い

HMBの効力は短いことがわかっています。

摂取したHMBの血中濃度はすぐに下がってしまうからです。

HMBは1日に3g摂取するのが理想です。(正確には3.8mg / kg / 日)

1gずつ2~3時間おきに3回に分けて摂取すると効果的になります。

https://kintoremuscle.com/hmb%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%af%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%81%a7%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%8f%e3%80%8e%e5%90%ab%e6%9c%89%e9%87%8f%e3%80%8f%e3%81%a8%e3%80%8e/

まとめ:サプリメントはあくまでサポート

これまでをまとめましょう。

  • HMB、ロイシン、インスリンは『mTOR』を活性化させる
  • しかし、『mTOR』だけではタンパク質は増えない
  • 筋トレをしてDNAに『タンパク質を合成せよ』という指令が必要
  • HMBとロイシンは似た効果があるが、どっちがより効果があるかは不明
  • HMBは効力が短いのでこまめに摂取する

『サプリメントを飲んだらバキバキになれる』などの謳い文句はつい気になってしまいますが、どんな効果があるのかを詳しく見ていけばありえないことがわかります。

楽に理想の身体を手に入れたいと誰もが思いますが、やはり実際はそんな簡単ではありません。

  • 筋トレをして地道に鍛えること
  • 筋トレにサプリメントを用いて効率よく鍛えること

これしかないですね。

サプリメントカテゴリの最新記事