HMBは誇大広告!?本当に効果が期待できるものは?【内容量比較】

HMBは誇大広告!?本当に効果が期待できるものは?【内容量比較】

[chat face=”haraheri1-1.png” name=”ナヤミさん” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]某企業のHMB広告の中でどれが1番いいの?[/chat]

このような疑問に答えます。

  • 広告でよく見かけるHMB
  • HMB+クレアチンは相乗効果の可能性

HMBの広告をよく目にすると思いますが、どれが1番効果があるのでしょうか?

1つずつ見ていきましょう。

この記事を読むことで、HMBを選ぶときのコツが分かるので、怪しげなサプリメントに迷うことはなくなります。

広告でよく見かけるHMB

広告でよく見かけるHMB
  • 鍛神(BIZENTO)
  • 神速(神速)
  • HMB極ボディ(極ボディ)
  • HMB POWER BOOST(RISEONE)
  • HMB-Caサプリメント(ULBO)

HMBの広告でよく見かけるものはこの辺でしょうか。

これらのHMBを順に見ていきましょう。

HMBの内容量や成分

それぞれを比較していきます。

商品名

(メーカー)

価格 内容量

1回あたり

HMB量

1回あたり

コスト

鍛神

(BIZENTO)

7,800円

(Amazon)

180粒

(18~30日分)

約2~3.3g

(6~10粒)

約260~433円

(6~10粒)

神速

(SHINSOKU)

2,980円

(Amazon)

450タブレット

(30日分)

3g

(15タブレット)

約99円

(15タブレット)

HMB極ボディ

(極ボディ)

5,980円

(Amazon)

90粒

(30日分)

2.1~3.15g

(3粒)

約199円

(3粒)

HMB POWER BOOST

(RISEONE)

2,280円

(Amazon)

360タブレット

(30日分)

3g

(12タブレット)

約76円

(12タブレット)

HMB-Caサプリメント

(ULBO)

980円

(Amazon)

180粒

(30日分)

3g

(6粒)

33円

(6粒)

広告でよく見るHMBを考察

鍛神(BIZENTO)

元総合格闘家で現在俳優をされている、金子賢さんでおなじみの『鍛神』ですね。

まずに目につくのがコスト。かなり高めです。

6粒摂取だとHMBが2gしか摂れないので、1日3gを目安として10粒摂取したいところですが、そうすると18日分しかなくなってしまうので、さらにコストがかかってしまいます。

HMBの他に『BCAA』『アルギニン』『オルニチン塩酸塩』『グルタミン』『シトルリン』なども含まれていますが、どれくらい含まれているのかは不明。

 

神速(SHINSOKU)

比較的リーズナブルで購入できるHMBになります。

有効量の3g/日しっかり摂れますが、1回の摂取が15粒とかなり多いのがたまに傷です。

HMBとともにクレアチンも含まれており、1回15粒で1.8g摂取することができます。

ただし、クレアチンの効力を最も引き出すには1日あたり約0.3g/kg量必要になるので、そう考えると足りません。

 

HMB極ボディ(極ボディ)

HMB極ボディもよく見かける広告ではないでしょうか?

ただし、こちらもなかなか値がはります。

特徴として、HMB1回3粒あたり2.1gしか摂れませんが、吸収成分アストラジンが配合されていることで、HMB3.15g量に匹敵するとのことです。

HMBの他に『クレアチン』『グルタミン』『EAA』が含まれていますが、どれくらい含まれているかは不明。

 

HMB POWER BOOST(RISEONE)

コストはお手頃に、成分はしっかりと非常にお求めやすいHMBになります。

1回の摂取量が12タブレットと多めですが、数回に分けて飲むなら問題なく飲めるでしょう。

 

HMB-Caサプリメント(ULBO)

圧倒的にコストが低いHMBです。

1回6粒あたり約33円とかなりお手頃です。

HMBもしっかり3g含まれています。

HMBをおすすめするなら

  1. HMB-Caサプリメント(ULBO)
  2. HMB POWER BOOST(RISEONE)
  3. 神速(SHINSOKU)
  4. HMB極ボディ(極ボディ)
  5. 鍛神(BIZENTO)

ぶっちゃけ『コスト』と『有効量』で決めています。

HMBの他にも成分が含まれていますが、有効量含まれていなければそこまで重視する必要はないかなと思っています。

https://kintoremuscle.com/hmb%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%af%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%81%a7%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%8f%e3%80%8e%e5%90%ab%e6%9c%89%e9%87%8f%e3%80%8f%e3%81%a8%e3%80%8e/

広告で見るHMB以外にもおすすめのHMBがある

MYPROTEINの『HMBタブレット』になります。

180錠入りで3,090円(5/5現在400円割引。さらにSALEもやっている。)

MYPROTEINでは1食あたり2錠(90日分)を勧めていますが、1錠あたりHMB1gなので3錠(60日分)摂取が望まれます。

HMB+クレアチンは相乗効果の可能性

HMB+クレアチンは相乗効果の可能性

HMBとクレアチンは違う性質ですが、併用することで相乗効果がある可能性があります。

ここでいい切れないのは、まだ十分な検討がされていないためです。

HMBとクレアチンの併用で期待できる効果

  • 体組成の改善(除脂肪体重の増加と脂肪量の減少)
  • 有酸素パワーに対する相加的効果

HMBにクレアチンが含まれているのは、相乗効果を狙ったものかもしれませんね。

まとめ:HMBの広告を過度に信じるのは危険

これまでをまとめましょう。

  1. HMB-Caサプリメント(ULBO)
  2. HMB POWER BOOST(RISEONE)
  3. 神速(SHINSOKU)
  4. HMB極ボディ(極ボディ)
  5. 鍛神(BIZENTO)

よく広告で見るHMBをおすすめ順に並べました。

決め手は『コスト』と『有効量』です。

MYPROTEINのHMBタブレットもおすすめ。

HMBの広告で『飲むだけで』などと過度な表現をしていますが、飲むだけで身体がバキバキになるとは考えにくいです。

やはり、しっかり筋トレをして、そこにHMBを組み合わせることで初めて効果が出るのです。

サプリメントはあくまでサポートとしてご利用ください。

参考文献

クレアチン一水和物(CrM)とHMBの併用に相加的効果

クレアチン水和物+HMBでパフォーマンス、体組成に相加効果か 体系的レビューの結果

サプリメントカテゴリの最新記事