【危険】筋トレなどの激しい運動時に起こる頭痛の正体【警戒すべき疾患】

【危険】筋トレなどの激しい運動時に起こる頭痛の正体【警戒すべき疾患】

[chat face=”nayami2.png” name=”ナヤミちゃん” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]筋トレしたら頭痛が起こるけどこれ何?

何か危険なものじゃないよね?[/chat]

このような疑問に答えます。

結論からいうと、危険なものではありません。

『一次性運動時頭痛』といわれ、国際頭痛学会(IHS)によって国際頭痛分類にわけられています。

中には危険な疾患の前症状の場合があり、絶対に安全という訳ではないので注意が必要です。

この記事を読むことで、筋トレ時に起こる頭痛の正体や警戒すべき疾患の前症状がわかります。

筋トレなどの激しい運動時に起こる頭痛

headache

筋トレなどの激しい運動をしたら頭痛が起こることはないでしょうか?

実はこの頭痛は、『国際頭痛学会(IHS)の定める頭痛疾患分類』に含まれるほど問題になっているのです。

筋トレなどの激しい運動で起こる頭痛を『一次性運動時頭痛』といいます。

現在は『国際頭痛分類第3版β(ICHD-3β)』までガイドラインがでており、一次性運動頭痛は以前まで『一次性労作性頭痛』や『良性労作性頭痛』などと呼ばれていました。

『一次性運動時頭痛』の診断基準

『一次性運動時頭痛』の診断基準は以下の通りです。

A. BおよびCを満たす頭痛が2回以上ある

B. 激しい身体的運動中または運動後にのみ誘発されて起こる

C. 48時間未満の持続

D. ほかに最適なICHD-3(国際頭痛分類第3版)の診断がない

『一次性運動頭痛』の特徴

characteristic

『一次性運動時頭痛』の特徴は以下の通りです。

  • 暑い気候や高所の土地で起こる
  • 身体的に激しい運動をすることで起こる
  • 拍動性(内臓の周期的な収縮と弛緩の繰り返し)の頭痛
  • 5分以上48時間未満の継続

『一次性運動時頭痛』の原因はよくわかっていない

現状、『一次性運動時頭痛』の原因はよくわかっていません。

考えられているのが血管性になります。

  • 身体的な運度によって2次的に静脈や動脈が拡張することにより痛みが発現する

近年の研究では『一次性運動時時頭痛』の患者で、内頸静脈弁の不全が見られる(対照者の20%に対して70%で見られる)ことから、頸静脈の逆流による頭蓋内静脈のうっ血がこの疾患の原因ではないかといわれている。

『一次性運動時頭痛』の薬

medicine

完全には治らないものの、薬により効果がある症例が報告されています。

  • 『酒石酸エルゴタミン』の服用によって予防できた症例あり
  • 『インドメタシン』は大多数の症例で効果が見られている

『一次性運動時頭痛』と鑑別が必要な症例

『一次性運動時頭痛』の診断基準とは違う症状が出た場合、重篤な疾患の可能性があるので除外する必要があります。

  • くも膜下出血
  • 動脈解離
  • 可逆性脳血管攣縮症候群(RCVS)

 

くも膜下出血

くも膜下出血

脳を覆っている組織(髄膜)の内側層(軟膜)と中間層(くも膜)との間にあるすき間(くも膜腔)への出血のことです。

くも膜下出血の原因

  • 最も多い原因は、動脈のこぶ(動脈瘤)の破裂(自然に起こる場合は脳卒中という)
  • 通常は頭部外傷によって起こる(この場合は脳卒中とはみなされない)
  • 稀に、感染した心臓の弁で血栓が形成され、それが脳の動脈を塞ぐ(塞栓)ことで炎症が起き、動脈が弱くなることで破裂して起きることもある

警戒すべき前症状

動脈瘤はほとんど兆候がありません。

破裂の数分から数週間前に起こる可能性がある症状

  • 頭痛(極めて突如で激しい場合があり、ときに雷鳴頭痛と呼ばれることがある)
  • 顔面や眼の痛み
  • 複視
  • 周辺視力の低下

※この症状が出たら速やかに医者へとかかってください。

動脈解離

動脈解離

大動脈は外膜・中膜・内膜の3構造となっており、十分な強さと弾力を持っていますが、何らかの原因で内側にある内膜に裂け目ができ、その外側の中膜の中に血液が入り込んで長軸方向に大動脈が裂けることを大動脈解離といいます。

中膜に流れ込んだ血液は、新たな血液の流れ道(解離腔または偽腔)をつくり、それによって膨らんだ状態を解離性大動脈瘤(大動脈解離)といいます。

外膜には外膜1枚しかないため、破裂の危険性を伴います。

動脈解離の原因

  • 原因は不明ですが、動脈硬化や高血圧が関係しているともいわれている
  • マルファン症候群などの大動脈の中膜が弱い先天性の病気との関係も知られている

警戒すべき前症状

動脈解離は全身の動脈に起こりますが、頭部では椎骨動脈の解離が最も多く、椎骨動脈が解離すると突然の激しい頭痛を起こします。

  • 首の後ろや左右どちらか(あるいは両方)の後頭部に突然激しい頭痛が起こり、数日間続く(血管が裂ける痛み)

可逆性脳血管攣縮症候群(RCVS)

可逆性脳血管攣縮症候群(かぎゃくせいのうけっかんれんしゅくしょうこうぐん:RCVS)

いろんな病態を集めた症候群であり、多数の別名で呼ばれることもあります。

  • Call Syndrome(1988年に初めて報告)
  • 産褥血管症(さんじょくけっかんしょう)
  • 良性の中枢神経の血管症
  • 可逆性攣縮(かぎゃくせいれんしゅく)を伴った雷鳴頭痛
  • 偏頭痛性動脈炎

可逆性脳血管攣縮症候群(RCVS)の原因

可逆性とは元に戻ることができるという意味です。

その原因は明確にはわかっていません。

しかし、血管の緊張のコントロール異常がその原因であるようです。

特に要因がない場合や外的・内的な原因によって症状を呈すると考えられます。

警戒すべき前症状

20~50歳代の女性に多く、男女比は1:2~3です。

  • 突然の激しい頭痛(1~3週間) ※繰り返すこともあり
  • 攣縮(れんしゅく:血管が縮む)を起こした脳動脈の潅流域(かんりゅういき:栄養されいている脳の領域)に見合う視覚異常や片麻痺、構音障害(こうおんしょうがい:発音が正しくできない症状)、失語、失調などの症状を伴うことがある ※この攣縮は脳の血管に限局し、頸部頸動脈の攣縮は起こらない
  • 一過性脳虚血発作や脳梗塞は出血に遅れ、翌週に起こることが多く、一過性脳虚血発作の症状は視覚障害、一側の知覚異常、失語症、片麻痺の順の頻度とされる
  • 稀に脳梗塞になってしまう(約7~50%) ※例外的に重症の脳梗塞になったり、死亡の報告もある
  • 再発は稀

『一次性運動時頭痛』の対処方法

まずは医師に相談することをおすすめします。

なぜなら、医師の指示の下で適切な処置を行うことが何よりの最善策だからです。

薬などの詳しい説明を受けて、安全に使用することができます。

一次性運動時頭痛は原因がよくわかっていない疾患ではありますが、医師に相談することで安心する上でも意味はあります。

まずは医師に相談することから初めてください。

対症療法としての対処方法を紹介

医師にかかるのは…と思いの方、対症療法ではありますが効果がある場合もあります。

参考に方法を紹介します。

  • 筋トレの負荷を減らす
  • 水分をしっかり取る
  • 呼吸をしっかりする
  • 筋トレ前に適度な準備運動
  • 食生活の見直しや疲労回復の時間を十分に取る
  • 睡眠をしっかり取る
  • 食物アレルギーなどの可能性を考える
https://kintoremuscle.com/%e7%97%a9%e3%81%9b%e3%82%8b%e4%b8%8b%e5%9c%b0%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81%ef%bc%81%e6%8a%9c%e7%be%a4%e3%81%ae%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%81%af%e7%b5%84%e3%81%bf/

まとめ:医師の指導のもとで行うことが最善策

これまでをまとめましょう。

筋トレなどの激しい運動時に起こる頭痛は『一次性運動時頭痛』

国際頭痛学会(IHS)の定める頭痛疾患分類』に定められる

『一次性運動時頭痛』には特徴がある

  • 暑い気候や高所の土地で起こる
  • 身体的に激しい運動をすることで起こる
  • 拍動性(内臓の周期的な収縮と弛緩の繰り返し)の頭痛
  • 5分以上48時間未満の継続

『一次性運動時頭痛』に効果のある薬

  • 酒石酸エルゴタミン
  • インドメタシン

『一次性運動時頭痛』と鑑別が必要な疾患

  • くも膜下出血
  • 動脈解離
  • 可逆性脳血管攣縮症候群(RCVS)

『一次性運動時頭痛』の対処方法は医師に相談する

対症療法での対処方法

  • 筋トレの負荷を減らす
  • 水分をしっかり取る
  • 筋トレ前に適度な準備運動
  • 食生活の見直しや疲労回復の時間を十分に取る
  • 睡眠をしっかり取る
  • 食物アレルギーなどの可能性を考える

頭痛のせいで筋トレをしっかりできないのは、筋トレに情熱をかけてる人なら特に耐え難い苦痛だと思います。

しかし、頭痛が起きている状態での筋トレは非常に危険になります。

自分で何とかしようとしないで、まずは医師にかかることをおすすめします。

一次性運動時頭痛は危険なものではありませんが、医師の適切な診断を仰ぐことが大切です。

必要に応じて医師の協力を仰ぎ、頭痛に対して適切な処置を行ってください。

酒石酸エルゴタミンやインドメタシンなどの非ステロイド系抗炎症薬も、医師の指示のもとで安全に使うことが大切です。

参考文献

国際頭痛学会(IHS) 国際頭痛分類第3版β(ICHD-3β)

MSD マニュアル 家庭版 くも膜下出血

社会福祉法人 恩賜財団 済生会 椎骨動脈解離

可逆性脳血管攣縮症候群(RCVS)

筋トレカテゴリの最新記事